痛みを和らげるための抗生物質

扁桃腺大事典へようこそ。
扁桃腺とはなにか、そして扁桃腺炎の症状や対応策について考察する。

誰もが一度は扁桃腺の炎症を経験したことがあると思う。扁桃腺が炎症を起すと肥大して激しい痛みを伴うのだ。

扁桃腺炎の中でも、特に扁桃腺が腫れてひどく痛みのでる急性扁桃腺炎には要注意である。これは細菌感染によって扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態となりタチが悪い。
扁桃腺が腫れたときの激痛は筆舌に代え難い物があるが、さらに発熱と首のリンパ節の腫れも併発して痛みが倍増する。この急性扁桃腺炎がさらに進行すると「扁桃腺周囲炎」という状態になる。ここまで扁桃腺炎の状態が進行する前に、耳鼻咽喉科の専門医の診察を受けるべきである。

病院では、扁桃腺の痛みを和らげるための抗生物質を出してくれるだろう。この抗生物質でかなりの痛みが軽減されるのだ。

扁桃腺が痛む多くのケースは、「風邪」である。すなわち、喉の痛みと共に発熱する。そして、発熱が治まると扁桃腺の痛みも収まるのが通常のパターンである。

ところが、この扁桃腺の痛みが持続する場合はたんなる風邪ではないことが考えら要注意である。
扁桃腺の痛みは複雑で繊細(デリケート)ある。

前述したとおり、扁桃腺炎の最良の対策は「お医者さん」に行くことであると覚えておいてほしい。

手術を考えるべきケース

扁桃腺とは、喉の奥にあるリンパ組織を言うのだ。

医学用語としては正しくは扁桃と言う。
扁桃には、口蓋扁桃(こうがいへんとう)、舌扁桃(ぜつへんとう)、咽頭扁桃(いんとうへんとう=アデノイド)、耳管扁桃(じかんへんとう)などがあるが、我々が一般扁桃腺と呼んでいるのは、口蓋扁桃のことだ。

扁桃腺炎とは、扁桃の表面に付着している常在菌が、気温の変化やほこりなどの刺激、過労や風邪などによって抵抗力が弱まることで、活動を開始し、炎症が起こすことをいう。
風邪のウイルスが原因になることもある。

原因菌は溶血性連鎖球菌が多いとされ、これ以外では黄色ぶどう球菌や肺炎双球菌、およびウイルスによるものが明らかになっている。
誘因としては暴飲暴食や過労、のどの乾燥などがあげられる。

急性扁桃炎は、喉の炎症が特にひどいものを言い、39−40度の高熱がでて、喉が痛み、全身がだるかったり、関節痛がでたりする。
急性扁桃炎が慢性化したものが慢性扁桃炎だが、これが急性の症状を年に3−4回起こすようになることを、特に習慣性扁桃炎という。

習慣性扁桃炎では医者も手術を進めることがある。それは病巣感染という、関節や腎臓、皮膚など他の場所に病気が起こる可能性が出てくるからである。

怖いのは関節では関節リューマチ、腎臓では腎炎やIgA腎症などの合併症なのである。

治療には、内服薬、特にペニシリン系の抗生物質が使用される事が多い。

よく手術をするという話を聞くが、

(1)繰り返し、扁桃腺がはれ、熱がでるとき。

(2)扁桃腺にいつも細菌が巣くっていて、発熱の度に血尿などがみられ、腎炎などが心配される場合。

(3)扁桃肥大のため呼吸が苦しくなるとき。または、無呼吸などが見られるとき。さらに、扁桃腺肥大によっておこる被害が手術をすることにより起こる合併症などより強くなると考えられるとき。

以上に該当するときは手術を考えるべきである。
手術にあたっては、よく医師と相談してから決断すべきである。

治療には、抗生物質や痛み止めの投与

扁桃腺とは、身体の中に入ったばい菌をやっつける働きに関係しているリンパ組織である。

一般に扁桃腺と言われているが医学用語では、口蓋扁桃(こうがいへんとう)と言う。
口の中にはほかに耳管扁桃、咽頭扁桃(アデノイド)舌扁桃がある。

扁桃腺炎とは、のどの奥にある扁桃が、過労や風邪などによって抵抗力が弱くなった時に、肺炎球菌、溶血連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌などのいわゆる常在菌といわれる細菌に感染することで炎症を起こす病気である。

扁桃炎は、細菌によって起こり、扁桃腺(扁桃)に炎症が起こることをいう。
3〜4才から学童中期に多く見られ、扁桃が、発赤、腫大して、表面に膿が着くことが特徴で、症状は発熱・のどの痛みがある。他には、首のリンパ腺が腫れたり、痛がったりすることもある。
この場合は、扁桃に炎症が起こるだけで、鼻水・咳などの症状はない。

のどの痛みとともに他の症状を伴うものは、いわゆるカゼ(上気道炎)と呼ばれ熱の出る病気のほぼ半数を占め、厳密には区別される。

治療には、抗生物質(ペニシリン系、セフェム系の抗生剤が一般的)、痛み止めの投与などが行われる。
喉の痛みで十分食事が摂れていない場合には、 点滴で水分と栄養を補給する。
そして休養を取ることが大事である。

治療には、解熱鎮痛剤

扁桃腺とは、鼻の奥と喉の奥の左右にあり、風邪を引いた時に、よく腫れたり痛くなったりする所のことを言う。

扁桃腺は、ばい菌等の外敵から身体を護る免疫器官である。すなわち身体における最初の関門の様なものである。

扁桃腺と言うと、よく喉の奥の両側にある口蓋篇桃(昔は腫れると直ぐに切除された所)を頭に思い浮かべるのだが、その他にも耳管扁桃(耳管の付け根)、舌扁桃(舌の付け根)、小扁桃(喉の奥)、咽喉扁桃(アデノイド、鼻の奥)等があり、これらが気道の周りをぐるりと囲むように存在している。

扁桃腺炎には、急性扁桃線炎と慢性扁桃線炎がある。
扁桃腺炎は、細菌感染による腫れで、扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態になる。急性扁桃腺炎はさらに奥にある扁桃腺に炎症の腫れが及ぶと扁桃腺周囲炎となる。扁桃腺周囲炎の状態で膿がたまると扁桃腺周囲膿瘍になりかなり腫れる。

扁桃炎は、口蓋扁桃に炎症が起こり、扁桃は赤く腫れ上がり、時には白苔といって白いコケの様なものが付着する。 症状は発熱、寒気、喉の痛み、頚部リンパ節腫張(首のリンパ節が腫れる)、(中耳炎が併発すれば)耳痛、関節痛などが主である。

治療には、解熱鎮痛剤を使い、併せて適切な抗生物質の内服あるいは点滴注射を行う。これにより原因となった細菌を制圧することによって速やかに治癒に向かう。

もちろん、局所の清掃・殺菌目的でうがいをすることもよい方法である。  「扁桃周囲膿瘍」や「伝染性単核球症」は普通の扁桃炎とは治療方法が異なるので、注意が必要である。

ペニシリン系の抗生物質

扁桃腺とは、医学的には免疫、すなわち身体の中に入ったばい菌をやっつける働きに関係しているリンパ組織をいうのだ。

一般的に子供に場合には、のどの病気の多くは『扁桃炎』である。『扁桃腺をはらした』という状態はのどちんこの両脇にある『口蓋扁桃』のところにばい菌感染により炎症がおこり、うみがついたり、はれたりした状態を言う。大体2−3歳から扁桃腺をはらすようになり、1番大きくなるのは7−8歳で、ちょうど小学校の低学年の時にあたる。

扁桃腺炎とは、肺炎球菌、溶血連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌などのいつも喉にすんでいる常在菌が、感冒や過労で増殖して口蓋扁桃や周囲咽頭に感染を起こすことをいう。

大半がかぜのウイルスが感染していて、のど全体が赤くなっていることが多く、扁桃腺がよく目立つので、扁桃腺炎といわれることが多いが、実際には扁桃腺だけが悪いという場合は少ない。

扁桃腺炎には、扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)と慢性扁桃炎(まんせいへんとうえん)などがある。

扁桃周囲炎は、急性扁桃炎が治りかけたころに手当てを怠るとなりやすく、高熱と激しいのどの痛みが襲う。片側の口蓋扁桃の上の部分に膿ようができて化膿し、赤くはれあがり、口臭も強くなる。

一方、慢性扁桃炎は、年に何回も扁桃炎(扁桃腺)を繰り返し、高熱を出す。扁桃のくぼみの中に細菌が蓄積されており、これが原因で全身感染を起こすこともある。

治療には、ペニシリン系の抗生物質が使用される事が多い。
一年に4回以上扁桃腺を腫らす『習慣性扁桃炎』のような場合、医者には手術をすすめられることがある。

扁桃腺が大きい子供の場合はアデノイドが同時に大きく、さらに滲出性中耳炎を合併していることが多いので、手術でアデノイドも同時にとることになる。

扁桃腺をとるとほとんどの子どもが元気になり、食事がすすむようになり、風邪をひきにくくなることが多い。
一度、耳鼻科の専門医に相談すると良い。