ペニシリン系の抗生物質

扁桃腺とは、医学的には免疫、すなわち身体の中に入ったばい菌をやっつける働きに関係しているリンパ組織をいうのだ。

一般的に子供に場合には、のどの病気の多くは『扁桃炎』である。『扁桃腺をはらした』という状態はのどちんこの両脇にある『口蓋扁桃』のところにばい菌感染により炎症がおこり、うみがついたり、はれたりした状態を言う。大体2−3歳から扁桃腺をはらすようになり、1番大きくなるのは7−8歳で、ちょうど小学校の低学年の時にあたる。

扁桃腺炎とは、肺炎球菌、溶血連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌などのいつも喉にすんでいる常在菌が、感冒や過労で増殖して口蓋扁桃や周囲咽頭に感染を起こすことをいう。

大半がかぜのウイルスが感染していて、のど全体が赤くなっていることが多く、扁桃腺がよく目立つので、扁桃腺炎といわれることが多いが、実際には扁桃腺だけが悪いという場合は少ない。

扁桃腺炎には、扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)と慢性扁桃炎(まんせいへんとうえん)などがある。

扁桃周囲炎は、急性扁桃炎が治りかけたころに手当てを怠るとなりやすく、高熱と激しいのどの痛みが襲う。片側の口蓋扁桃の上の部分に膿ようができて化膿し、赤くはれあがり、口臭も強くなる。

一方、慢性扁桃炎は、年に何回も扁桃炎(扁桃腺)を繰り返し、高熱を出す。扁桃のくぼみの中に細菌が蓄積されており、これが原因で全身感染を起こすこともある。

治療には、ペニシリン系の抗生物質が使用される事が多い。
一年に4回以上扁桃腺を腫らす『習慣性扁桃炎』のような場合、医者には手術をすすめられることがある。

扁桃腺が大きい子供の場合はアデノイドが同時に大きく、さらに滲出性中耳炎を合併していることが多いので、手術でアデノイドも同時にとることになる。

扁桃腺をとるとほとんどの子どもが元気になり、食事がすすむようになり、風邪をひきにくくなることが多い。
一度、耳鼻科の専門医に相談すると良い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3851277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック