治療には、解熱鎮痛剤

扁桃腺とは、鼻の奥と喉の奥の左右にあり、風邪を引いた時に、よく腫れたり痛くなったりする所のことを言う。

扁桃腺は、ばい菌等の外敵から身体を護る免疫器官である。すなわち身体における最初の関門の様なものである。

扁桃腺と言うと、よく喉の奥の両側にある口蓋篇桃(昔は腫れると直ぐに切除された所)を頭に思い浮かべるのだが、その他にも耳管扁桃(耳管の付け根)、舌扁桃(舌の付け根)、小扁桃(喉の奥)、咽喉扁桃(アデノイド、鼻の奥)等があり、これらが気道の周りをぐるりと囲むように存在している。

扁桃腺炎には、急性扁桃線炎と慢性扁桃線炎がある。
扁桃腺炎は、細菌感染による腫れで、扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態になる。急性扁桃腺炎はさらに奥にある扁桃腺に炎症の腫れが及ぶと扁桃腺周囲炎となる。扁桃腺周囲炎の状態で膿がたまると扁桃腺周囲膿瘍になりかなり腫れる。

扁桃炎は、口蓋扁桃に炎症が起こり、扁桃は赤く腫れ上がり、時には白苔といって白いコケの様なものが付着する。 症状は発熱、寒気、喉の痛み、頚部リンパ節腫張(首のリンパ節が腫れる)、(中耳炎が併発すれば)耳痛、関節痛などが主である。

治療には、解熱鎮痛剤を使い、併せて適切な抗生物質の内服あるいは点滴注射を行う。これにより原因となった細菌を制圧することによって速やかに治癒に向かう。

もちろん、局所の清掃・殺菌目的でうがいをすることもよい方法である。  「扁桃周囲膿瘍」や「伝染性単核球症」は普通の扁桃炎とは治療方法が異なるので、注意が必要である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3864074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック