治療には、抗生物質や痛み止めの投与

扁桃腺とは、身体の中に入ったばい菌をやっつける働きに関係しているリンパ組織である。

一般に扁桃腺と言われているが医学用語では、口蓋扁桃(こうがいへんとう)と言う。
口の中にはほかに耳管扁桃、咽頭扁桃(アデノイド)舌扁桃がある。

扁桃腺炎とは、のどの奥にある扁桃が、過労や風邪などによって抵抗力が弱くなった時に、肺炎球菌、溶血連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌などのいわゆる常在菌といわれる細菌に感染することで炎症を起こす病気である。

扁桃炎は、細菌によって起こり、扁桃腺(扁桃)に炎症が起こることをいう。
3〜4才から学童中期に多く見られ、扁桃が、発赤、腫大して、表面に膿が着くことが特徴で、症状は発熱・のどの痛みがある。他には、首のリンパ腺が腫れたり、痛がったりすることもある。
この場合は、扁桃に炎症が起こるだけで、鼻水・咳などの症状はない。

のどの痛みとともに他の症状を伴うものは、いわゆるカゼ(上気道炎)と呼ばれ熱の出る病気のほぼ半数を占め、厳密には区別される。

治療には、抗生物質(ペニシリン系、セフェム系の抗生剤が一般的)、痛み止めの投与などが行われる。
喉の痛みで十分食事が摂れていない場合には、 点滴で水分と栄養を補給する。
そして休養を取ることが大事である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3873676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック