手術を考えるべきケース

扁桃腺とは、喉の奥にあるリンパ組織を言うのだ。

医学用語としては正しくは扁桃と言う。
扁桃には、口蓋扁桃(こうがいへんとう)、舌扁桃(ぜつへんとう)、咽頭扁桃(いんとうへんとう=アデノイド)、耳管扁桃(じかんへんとう)などがあるが、我々が一般扁桃腺と呼んでいるのは、口蓋扁桃のことだ。

扁桃腺炎とは、扁桃の表面に付着している常在菌が、気温の変化やほこりなどの刺激、過労や風邪などによって抵抗力が弱まることで、活動を開始し、炎症が起こすことをいう。
風邪のウイルスが原因になることもある。

原因菌は溶血性連鎖球菌が多いとされ、これ以外では黄色ぶどう球菌や肺炎双球菌、およびウイルスによるものが明らかになっている。
誘因としては暴飲暴食や過労、のどの乾燥などがあげられる。

急性扁桃炎は、喉の炎症が特にひどいものを言い、39−40度の高熱がでて、喉が痛み、全身がだるかったり、関節痛がでたりする。
急性扁桃炎が慢性化したものが慢性扁桃炎だが、これが急性の症状を年に3−4回起こすようになることを、特に習慣性扁桃炎という。

習慣性扁桃炎では医者も手術を進めることがある。それは病巣感染という、関節や腎臓、皮膚など他の場所に病気が起こる可能性が出てくるからである。

怖いのは関節では関節リューマチ、腎臓では腎炎やIgA腎症などの合併症なのである。

治療には、内服薬、特にペニシリン系の抗生物質が使用される事が多い。

よく手術をするという話を聞くが、

(1)繰り返し、扁桃腺がはれ、熱がでるとき。

(2)扁桃腺にいつも細菌が巣くっていて、発熱の度に血尿などがみられ、腎炎などが心配される場合。

(3)扁桃肥大のため呼吸が苦しくなるとき。または、無呼吸などが見られるとき。さらに、扁桃腺肥大によっておこる被害が手術をすることにより起こる合併症などより強くなると考えられるとき。

以上に該当するときは手術を考えるべきである。
手術にあたっては、よく医師と相談してから決断すべきである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3879397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック